盗撮カメラでも法律違反はダメよ

デジカメも一眼レフもビデオカメラも最近は安くなっていて嬉しい限りですね。

人気カメラの口コミなどでも紹介していますが、色々選べるのはいいですね。

秋葉原の超小型カメラ


小型カメラで海中撮影
小型なので胸ポケットに入れて撮影するタイプが多いですね。通常のボールペンとしても使用できますがインクはすぐになくなるかもしれません。
デスクにおいていても違和感ないので、営業での言った言わないを避けたり、契約時などに利用する場面が多いと思われます。
盗撮用カメラ
映像に変化があると自動的に録画がスタートし、設定した秒数(5秒~60秒)が経過すると自動で停止します。(カラーLCDモニターの表示が単一画面から4分割画面に戻るときにも録画が開始されます)記憶メディアとしてSDカードを使用していますので繰り返し使用での劣化がなく、また取り扱いが非常に楽です。
監視カメラ
いったいどんなものかと思ったら、無線でカメラを操作して赤ちゃんの状態を動画で見られるモニターなんですね。で、赤ちゃんだけじゃなくてペットモニターなんかとして利用する人も多いらしいんです。違う部屋・場所に居ながら無線ワイヤレスでカメラを自在に動かせ、別の部屋からでもカメラの画像が見れる、マルチなモニターなんですね。
超小型カメラ
一眼レフカメラ、望遠カメラなどによる静止画盗撮から、8ミリフィルム・8ミリビデオカメラのお粗末なカモフラージュによる動画撮影へとシフトし、さらにより小型化されたCCDカメラや暗がりでの撮影を可能にした赤外線カメラ、そしてデジタルカメラ、携帯カメラ、無線方式のカメラへ、2000年代以降は、GHz帯の電波を利用する小型な「無線方式のカメラ」で撮影するなどという事になっているようです
盗撮?スパイカメラ
いわゆる隠し撮り(盗み撮り)と法律に反する盗撮には違いがあります。被写体、または対象物の管理者に了解を得ずにひそかに撮影を行なうという事は一緒ですが、それ自体が犯罪かというと難しい面があります。

隠しカメラで盗撮のエントリーはこちら